不妊の悩みはここで解決|不妊治療に最適な病院探し

妊婦の栄養考える

花

妊娠中の食事は通常よりも必要量が多い栄養素があります。特に、葉酸が重要です。葉酸は胎児の発育にかかわる栄養素で、神経管閉鎖障害の発症リスクを下げます。しかし、葉酸は水溶性ビタミンであり、水に溶けやすく、加熱に弱い特徴があります。また、葉酸はプログルタミン酸型と、モノグルタミン酸型あり、前者は食物に多く含まれています。プログルタミン酸型は生体利用率が50%以下なので、食事だけで葉酸の必要量を摂取することは難しいです。そのため、サプリメントを使うなどの工夫をしましょう。サプリメントはモノグルタミン酸型なので、生態利用率が高く、効率よく摂取できます。妊娠中の方向けのサプリメントもありますので、それを利用しましょう。

厚生労働省が、妊娠中の方は、葉酸は食事だけでなくサプリメントでも摂るべきだと発表したので、葉酸サプリメントは増えています。自然由来のもの、人工的に作ったものなどその種類も豊富です。葉酸だけでなく鉄、ビタミン、たんぱく質、カルシウムなど妊娠中に必要な栄養素が含まれているサプリメントも増えています。葉酸は、胎児の神経管が閉じる、妊娠のごく初期に摂る必要があります。そのため、妊娠したいと思ったときから摂る必要があります。晩婚化、出産年齢の高齢化によって妊活をする方も多くなっており、妊活サプリメント、妊婦向けサプリメントの需要も増えています。この傾向はしばらく変わらないと考えられますので、サプリメントの種類も増えると思われます。ただし、いくらサプリメントで補うといっても、食事が基本です。バランスの良い食事を心がけましょう。