不妊の悩みはここで解決|不妊治療に最適な病院探し

赤ちゃんのための栄養素

カウンセリング

厚生省も推奨している

妊娠中には妊婦が摂取すべき栄養素がたくさんあります。また妊娠中は赤ちゃんに栄養が行くため、妊娠前より多く摂取する必要があるものもあります。その中でも最も重要な栄養素が葉酸です。これは妊娠中というより、妊娠を考えている人もしくは妊娠の可能性がある人は飲んでおくと良い栄養素です。たくさんの研究と調査から、葉酸は胎児を無脳症や二分脊椎などの先天異常のリスクから守るという結果が出ています。その効果から、厚生省が摂取を推奨し一日400μg取ることが望ましいとされています。しかし、まだまだその必要性の理解や認知度は低く、妊娠中もまったく葉酸を摂取しなかったという女性は多いのですが、葉酸を含む健康食品やサプリも多く開発され葉酸の大切さを知る人も増えていっているため、今後は摂取する人がもっと増えるでしょう。

サプリで摂取する方法

栄養はまず食事から取り入れることを心がけることが大切ですが、実は葉酸は食品から摂取することが大変難しい栄養素です。その理由は葉酸が水に溶け出し熱に弱い性質をもっているため、体に吸収される前になくなってしまうのです。また、葉酸を多く含む食材を調理しても熱に弱いため調理過程で失われてしまうことが多いのです。そのため葉酸サプリなどで補っていくことが重要なのです。実際、厚生省が食品以外からも摂取することを勧めているのです。サプリなら飲みやすく継続しやすいというのもポイントです。現在、かなり多くの葉酸サプリがでていますので、どのような成分を含んでいるか飲みやすいものはどれかなどを調べて自分に合うものを摂取することができます。